So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

グランプリファイナル2016 男子フリー [フィギュアスケート]

BS朝日を録画。解説は織田くん。

パトリック・チャン(カナダ)
4+3OK、3アクセル堪えた、2本目の4トウが3トウになった以外は
予定通りの素晴らしい演技。ショート6位で1番滑走でこの出来は、後の
選手は大変だ(^^;

ダイスくん
4サルコウでステップアウト、次の4サルコウは転倒。3アクセルは
織田くん曰く「どのジャンプも回りすぎてる」ステップアウト。
ヨシキの曲で、どんなテーマやイメージを持って滑っているのか、あまり
作曲者に思い入れが無いのでわからないんだよなぁ、、(^^;
前半の大技でジャンプの呼吸が合わない感じだったにもかかわらず、
後半は崩れずに持ちこたえたのは良かったです(^^)

昌磨くん
4トウ+2トウ、3アクセル+3トウ、単独3アクセルと、前半綺麗に大技
きっちり。後半の4トウも入った!ジャンプ全部入れて、最後にクリムキン
イーグルで盛り上げて、指笛がたくさん鳴らされる客席全員スタオベの演技。
先生も本人も、190点の得点にびっくり。シーズン中にどんどん成長する、
しょうまくんとボーヤンくんのシニアデビュー組がすごい(^^;

ボーヤンくん
4ルッツ、続く4サルコウともにステップアウト、3アクセルは転倒。
後半の4トウ+2トウ、4トウはきっちり降りました。あまりミスしない
イメージのボーヤンくんにしては、ジャンプに取りこぼしが多い内容ながら、
それでも4回転を2回綺麗に成功させているって(^^;キスクラでニコニコ
してて可愛いなぁ。

ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
冒頭4トウは空中で軸が歪んでステップアウト、4サルコウ+3トウは綺麗。
3アクセルも綺麗に入って、お客さん大喜び(^^)後半の4サルコウは
少しシェイキーながら堪え、終わってみれば、最初の4トウの乱れ以外は
良い演技。お客さんは曲が終わる前から大興奮でスタオベ。もっと演技に
斑のある選手と思っていましたが、ミスが少なくなった気がします。
フリー200点越え。

羽生くん
しょうまくん190、ハビ200点で、新記録の点を出す流れは整った。
4サルコウ、4トウと、失敗の気配のない出来。ステップのところで、
お客さんが、ベースになっている太鼓の音に合わせた手拍子をしているけど
あれは不要かな(^^;このプログラムは静かに見たい感じでは。
最後の3ルッツまで、集中しきった顔で演じ切りました。彼によくある
殺気みたいな気合いではなく、落ち着いてエレメンツを1つ1つ曲に乗せて
いく感じ、素晴らしい(^^)219点、どこまで上がるんだ得点(^^;

結果、羽生くん記録づくしの優勝、ハビ2位、3位にしょーまくん。


2016-04-14 23:06  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

グランプリファイナル2015 アイスダンス・フリーダンス [フィギュアスケート]

BS朝日を録画。解説は河合さん。

ボブロワ&ソロビヨフ(ロシア)
アンナ・カレーニナ。ストーリーを魅せるプログラム、素敵でした。
逆さまになるリフトは、以前Jスポ解説で「お尻丸出しは良くない」
というようなコメントをされていたけれど、良い塩梅にスカートで
隠れてて、改良なのかラッキーなのかわからないけど良かった(^^;
昨シーズン姿を見られず、今シーズンはファイナルで見られて嬉しかった
ですが、ファイナルの後、最近禁止になった薬物成分にボブロワちゃんが
引っかかってしまったとの報道。ワールド欠場でしたが、今後どうなるのか心配。

ハベル&ダナヒュー(アメリカ)
女の子の白衣装、背中から腕にかけてのヒラヒラが翼みたいで面白い。
リフト後に男性が転倒。クラシカルな雰囲気とモダンな雰囲気を合わせ持った
感じのプログラム。リフトの上げ下ろしも、ステップ中のホールドの姿勢も
あちこち工夫があるように見えます。この組はいつの間にファイナルに来られる
ポジションになったんだ〜、びっくり。組み替え大成功ですね。

シブタニズ(アメリカ)
2人とも真っ黒衣装。Fix Youは彼らの代表作の1つになるでしょう。
良い演技に、盛り上がる曲に、盛り上がる観客で素晴らしいのだけど、
解説の声無しで保存したいところ(^^;あと、マイアちゃんの目尻の
ハネが気になる。まだアイラインが無い時の顔の印象の方が強くて、、。

カッペリーニ&ラノッテ(イタリア)
カッペちゃん黒のキラキラ、スカートの中は白。ルカさん白シャツに黒パンツ。
ルールギリギリっぽいリフトがすごい(^^;コミカルな雰囲気たっぷりで
踊りきっているけれど、足元は細くて速くて、そりゃあルカさん体力使うわ〜
と思ってしまいました。まだ初メダルだったとは意外。

チョック&ベイツ(アメリカ)
女性が赤、男性が黒地に赤の衣装。ラフマニノフ。ツイズルでちょっとミス。
今までとは違うイメージのチョクベイ組プログラム。五輪シーズンはこの
感じではないだろうなぁ、、という気がします(^^;一番得意な路線には
ならないかなぁ。最後のリフト連続の部分と曲の盛り上がりの連動は格好
良かった(^^)

ウィーバー&ポジェ(カナダ)
グレー基調の衣装。ケイトリンちゃん以前より細くなった気が。
後半に向けて雰囲気を盛り上げていくプログラム、新しいこと、チャレンジを
いろいろ入れている印象。美男美女でいろいろなことができちゃうだけに、
プレ五輪シーズン、五輪シーズンに何を選択するのか楽しみです。周囲の変化も
めまぐるしいし、どうするのかなぁ。がんばれウィーポ。

結果、ウィバポジェ優勝、チョクベイ2位、カペラノ3位。
後のワールドとは全然違う結果になっているのがアイスダンスっぽくない!(^^;


2016-04-10 18:52  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。